1
スポーツ
GLORTS ACADEMYの運動プログラムの4つの特徴

  • POINT 1
    筑波大TIAS監修のプログラム

    GLORTS ACADEMYのプログラムは、筑波大学つくば国際スポーツアカデミー(TIAS2.0)の監修を受けて開発しています。筑波大学は、言わずと知れた日本有数の体育学の高い専門性を持つ大学。その教授や研究者など、コーチングや子どもへのスポーツ指導の専門家から運動コンテンツや指導方法などのメソッドを取り入れ、子どもたちが楽しめ、かつ才能を最大限に引き伸ばせるようなプログラムを開発しています。また、TIASから専門家を招いてのオンラインの運動指導プログラムなども予定しています。
    • Rakwal Randeep教授
      筑波大学筑波大学体育専門学群つくば国際スポーツアカデミー(TIAS2.0)教授。
      生物工学を専門に、スポーツ医科学やスポーツのシステムモデル開発など幅広く取り組む。
      GLORTS ACADEMYの運営会社CHEZAの顧問。
    • 梶田和宏氏
      京都先端科学大学教育開発センター講師。元TIAS研究員。
      野球のコーチング学を専門とし、少年野球から大学野球まで豊富な指導経験を持つ。
      GLORTS ACADEMYの運営会社CHEZAの技術顧問。
  • POINT 2
    運動の習得に最適な「プレゴールデンエイジ」をターゲット

    9歳から12歳頃の時期は「ゴールデンエイジ」と呼ばれ、スポーツの巧みな動きやテクニックを身に着けるのに最適な時期と言われています。しかし、このゴールデンエイジにより効果的に運動能力を上げるためには、それ以前に様々な動きを経験していることが非常に重要です。そこで近年、子どもの運動能力の発達において注目が高まっているのがその前の5歳~8歳頃を指す「プレゴールデンエイジ」です。右図の「スキャモンの発育曲線」が示すように、この時期は、神経系の発達が特に著しい時期です。この時期に多種多様な動きを習得することで、多面的な運動能力の基礎がつくられ、「運動神経がよい子」を育てます。
  • POINT 3
    「基礎運動能力」を伸ばすプログラム

    「基礎運動能力」が高い子どもは、走・跳・投など総合的な運動能力が高い、すなわち「スポーツ万能」な子どもです。サッカー教室やテニススクールなど特定の種目の習い事では低年齢化が進んでいますが、実は早期種目特化は特定の動きやテクニックの習得に偏り、必ずしも基礎運動能力を高めるとは限りません。「多様な運動の経験」が重要なのです。そのような子どもが習得すべき「多様な動き」を、山梨大学の中村和彦教授が「36の基本動作」としてまとめています。GLORTS ACADEMYでは、これら基本動作を万遍なくアクティビティに取り入れています。加えて、「ディフェンスの動きに合わせて動く」、「走っている味方にボールを投げる」など動きを組み合わせる調整能力である「コーディネーション能力」も重視しています。
  • POINT 4
    スポーツが得意になる近道は、スポーツを好きになること

    スポーツを得意になるためにこの時期に一番大切なことは、まずスポーツを「好きになる」こと。スポーツが「楽しい」「好き」と感じる子どもは、自然と運動機会が増え、運動能力が向上する、という好循環が生まれます。GLORTS ACADEMYでは、子どもたちが「楽しめる」プログラムと雰囲気づくりを重視し、うまくいった時には精一杯褒めて、子どもが「できた!」という達成感を感じられるようにします。スポーツで成功体験を得ることが、自信や自己肯定感に繋がり、スポーツが得意な子どもに育つ基盤を作ります。

2
英語
グローバルなコミュニケーション能力を鍛える

GLORTS ACADEMYでは、英語を「勉強する」のではなく、外国人と体を動かしながらコミュニケーションを取ることで、生の英語を自然に身に着けることを目指します。また、単に英語という言語にとどまらず、世界で活躍する人材に必要な「異文化コミュニケーション能力」を育てます。これは「グローバル教育」とも呼ばれ、英語だけでなく、異文化を理解し、世界規模の視野を持ち、自ら考え行動できる能力を育てることを指します。運営会社であるCHEZAは、「日本とアフリカの、人材を育てる」ことを目指していることから、外国人コーチにはアフリカ出身者を積極的に登用しています。普段なかなか触れ合う機会の少ない国の人と英語でコミュニケーションを取ってお互いの国や文化を理解する国際理解まで目指しています。

3
自考力
「自考力」を高めるプログラム

自分で考えて行動する力、「自考力」。GLORTS ACADEMYのプログラムでは、「チームプレイ」「ゲーム性」「戦略性」を持つアクティビティを必ず含めています。ゲームの途中に子どもたちが戦略を練るための「作戦タイム」を作り、どうすれうまくいくか、そのために誰が何をするとよいか、子どもたち主導で考えます。その中で協調性やメンバーの適性に応じた役割分担、創造力、リーダーシップなどの「非認知能力」を養います。子どものアイデアを否定せず、実際にやってみて、うまくいかなくてもトライアンドエラー(試行錯誤)できるよう、思考→実践→修正のプロセスを大切にし、論理的思考や問題解決力を高めます。